読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる男の子 小瀧望くん

気になる男の子小瀧望くんのお話をします。

 

初めて会ったのが今年の4月のコンサート。それまで正直なところ、小瀧くんと言われてもどの子かわからない、そのくらいの状態だったのに、今やクリスマスのコンサートを待ちわびているわけで、何があるかわかんないなぁと自分自身に起きた出来事なのにどこか他人事のように思っていたりします。

 

初めて見たときの印象として、なんて目にきらきらを宿す人なんだろうと思ったことが強く残っています。あと甘くてもちもちしてるパンケーキみたいな人だなということ。ぐんっと強くて優しくて甘い、不思議な人だなと思ったような気がします。

 

コンサートで小瀧くんを知って、なんでかわからないけど彼が気になる、そう思ってからのわたしは今まで経験したことのないような感覚に襲われて、ラジオを検索しては、頭の回転の早さが合間見えるボケやらツッコミやらに心を奪われ、スンとすましていてもおかしくないようなビジュアルでありながら誰より面白さに貪欲であるところをかわいいなと思って、英語パートを歌うその歌声にこの人におちるならここだとそんな衝撃を受けたりして。

 

気づけば曲の中で小瀧くんの歌うパートを聞き分けられるようになって、歌番組でやっぱり小瀧くんが歌っていたんだと答え合わせができるようになって、お酒が飲めない年齢でありながらスーツを着たサラリーマンの役を射止める姿に、そういう巡り合わせを勝ち取る強さを感じてかっこいいなと思ったり。

 

ファンクラブが出来ると知ったとき、入ろう!と間髪入れずに思った自分に、小瀧くんのことを好きになって良かったなって思えた自分に、ここにきて新しい青春を見たくなる存在に出会えたことに、めちゃくちゃ幸せを感じています。小瀧望という存在に対して、担当したいという思いを当てはめるつもりは今はまだなくて、ほんとに気になる男の子という感じです。その点でも不思議な人だなと思います。お母さんに「ねぇねぇ!わたし気になる男の子が出来たよ!」と報告したくなる感じの男の子。自分でもよくわからないけれどそんな男の子です。

 

ステージの上で輝くアイドル小瀧望を、好きだと自覚してから見られるのはクリスマスの日です。この日を境にきっとまたわたしの中で好きの形が変わる気がするのでいまの好きの気持ちを書き残しておきたいと思います。

 

・お顔

とりあえずかわいい(語彙の放棄) 小瀧くんのむくむくもちもちしたほっぺたが好きでとっても好きなんですけど、ダイエットをしているらしくてお顔がシュってなるのかなぁ~とちょっぴり寂しい。シュっとしても間違いなくかわいいに決まっているけど、ただのかっこいい男の子になられるとわたしの心臓が困るという私情です。下を向いたときのほっぺたがとっても好き。あとナチュラルアイラインが入っているように見える目元はほんと天からの贈り物のように思えて、エンジェルアイラインって勝手に呼んでます。二重幅も綺麗だなぁ。あとは眉毛の上のほくろ。エロい。とても好きです。モデルのお仕事をしているときに見せるお顔が別人に見えるときがあって、そういうところも好きだなぁと思います。

 

・スタイル

とにもかくにも足が長すぎて毎度びっくりしています。あんなかわいいお顔に抜群のスタイルだなんてどこの少女マンガから飛びだしてきたのかと思う。少女マンガを地で行く小瀧望めちゃくちゃかっこいいです。モデルという仕事を自分の糧にしていく姿に素敵だなぁと思いながら、めちゃくちゃ尊敬しています。冬服だいすき人間なので、ニットとかコートを着ている小瀧くんに好き×好きの組み合わせでダブルでときめいています。ダッフルコートめちゃくちゃ似合うよね、とってもかわいい。ちょっぴり猫背な立ち方になるときが個人的に好きです。

 

・歌声

小瀧くんの英語の発音に圧迫されて死にたいと思うくらいに歌声が好きです。好きの衝撃がいちばん大きかったのがPARTY MANIACSの「これがinvitation~」のところで、毎回そこを聞くたびに溶けそうになります。歌声が万華鏡のようだなぁと思っていて聞くたびに色だったり雰囲気を変えるので、声に溶かされそうだなぁと思いながら毎回聞いてときめいています。英語を歌われるとときめきで心臓が止まりそうになるので、どんどんやってわたしを心配停止に追いやってください。京セラドームで何を歌うのかなぁとめちゃくちゃ楽しみです。

 

・のんこた

小瀧くんを好きだという気持ちを素直に受け入れられたのはノンコタニシエピソードを聞いたのがきっかけです。わたしのめちゃくちゃ勝手な持論として、赤西くんに憧れている人は間違いないという説があるので、ノンコタニシエピソードを聞いたときとっても嬉しかったことを思い出します。小瀧くんが赤西くんに憧れて似たような帽子を買いにいった話をしているラジオを先日見つけてからもう、小瀧くんがかわいくてかわいくて仕方ないです。PINKYを歌う小瀧くんが見たいな。(言霊)(私欲の都合により)

 

・頭の回転のはやさ

若干二十歳にして、自分が今何をすべきか、何を言うべきか、何を求められているのかの察知能力の高さに嫉妬すら抱きます。学歴とか勉強面での頭のよさについてはわたしはまだまだわからないけれど、人としての頭の良さをひしひしと感じるので、痺れるなぁと思いながら小瀧くんのことを見ています。ん~~かわいい♡♡って思わせてくれる言動が実は小瀧望によってうまく操られたものかもしれないと思いながら生きるのが最近の楽しみです♡地頭のよさにキュンとできるのめちゃくちゃ幸せだなぁ。

 

・愛されること

愛されることが似合う人だなぁと思うし、それをうまく返せる人だなぁと感じます。そしてわたしもそんな小瀧くんを愛したいなぁと思うし、そう思わせてくれる人だなぁと思います。愛されることを当たり前にしない人、愛したいと思わせてくれる人。愛を纏うけれど愛に驕らないし、愛をいい意味で操れる人。たくさんの人に愛される未来を約束してくれるとっても素敵な人だなぁと思います。

 

・夢を叶える人

「 If you can dream it , you can do it. それを夢見ることができるなら、あなたはそれを実現できる」間違いない人だと思っています。夢に振り回されることなく、夢を生きていける人。夢を叶える人。口に出したことを着実に自分のものにして自分の糧にして、次に進む姿がめちゃくちゃかっこいいです。次に小瀧くんが見る夢はなんだろうと考えることができるわたしは幸せ者です。夢を信じさせてくれてありがとうっていつも思っています。

 

・こたきのぞむ

こたきのぞむですっ!って言うときのこたきのぞむというひらがなの音がかわいすぎて、最近ひらがなに感謝し始めています。ひらがなでこたきのぞむって書いてもかわいいし小瀧望って漢字で書いたらかっこいいしで、名前からして天才!優勝!百点満点はなまる!って気持ちです。

 

・ズルい 

とにかくこの言葉に尽きるんですけど、小瀧望ってズルいですよね??何がズルいとかじゃなくて全部ズルい。何もかもズルい。悔しい。ズルい人。そのズルさに騙されて転がされてるのが楽しくて、ズルいって分かってるくせに飛び込んだわたしはもう小瀧望魔法にかけられてるんだろうなぁって思います。

 

希望を見せてくれる人であることは間違いないけれど、例えばこの先もし絶望に落ちていったとしても、小瀧くんとなら笑ってどうにか出来そうだって思えたことに、絶望の世界を笑って乗り越えられそうだなって思ったことが、なんの答えかはわからないけど、それが全部ひっくるめて出てきたいまの小瀧くんに対するわたしの答えのように思っています。

 

京セラドームのステージに立つ小瀧くんに会えることを楽しみにしています。

 

今日の気持ちの備忘録。2016年12月20日。

ジャニーズWESTとはてなのセリフ

突然の思い付きにて書きはじめたうえすとに言ってほしいはてなのセリフ。※ちなみにはてなのセリフというのはわたしが考えた文章の最後がはてなで終わるセリフのことだよ!

 

今回はうえすとに言ってほしいはてなのセリフを使った小話もつけてます!


・淳太くん「なぁ駆け落ちって知ってる?」


じゅんたくんにはなんだか恋愛にまつわるはてなのセリフを言ってほしいなっていう妄想からこのセリフに決定!恋愛経験豊富そうなのに実際は遅れてきた思春期なんて言われちゃう男子校出身のじゅんじゅんはほんとにほんとにかわいいんだなぁ~~~(地団駄)女の子にボディタッチされるといけるんじゃね?と思ってしまう男子学生みたいな発想のじゅんじゅん!神戸のルミナリエに一人で買い物に出掛けたところ道行くカップルが多過ぎて悔しくて泣きそうになったでお馴染みのじゅんじゅん!カップルにムカついてカップルが二人で撮ろうとしてる自撮りにわざと写り混んでやったでお馴染みのじゅんじゅん!かわいい!前置きが長くなったけどじゅんじゅんかわいいってことみんなわかってくれよな!

 


【手を繋ぐと、私の左手の薬指にはまる指輪をいじるのが君の癖。このまま連れ去って欲しいなんて、言ってしまえばきっと、何もかも終わる関係なんだとしたら。なぁ、と声をかけてきた君をみれば「駆け落ちって知ってる?」とそう一呼吸。知ってる、とは言ったらいけない決まりごと。知らないふりしか出来ない私を、許して。愛して。】

 

 

・照史くん「そこにおってな?」

あきとくんにそこにおってなって言われたら永遠にそこにいられる気がする私。私さ、ここ一ヶ月であきとくんと結婚したいって最も口に出して言った人類の女ランキンクがあったら一位とれると思う!そのくらい結婚したいって言ってると思う!だから何って話なんだけどさ!あきとくんとの何かしらを妄想すると妄想するたびにあきとくんのことを×100000000倍好きになるんだ~~~~!どうしようこの妄想したらまた好きになっちゃう > <


【困らせることは好きじゃない。それでも彼の困った顔は好きだから。私の中の相反する心がせめぎあう。「そこにおってな?」と言い残し、彼が走り出したのは、ほんの少し前のこと。今日だけ許してくれますか。さっきもらった赤い風船が君の困った顔への挑戦状。ゆっくり歩き出したのは、私の心の悪魔が勝った証拠かな。】

 


・濱田くん「こっち向いてくれへん?」

そんな事濱田くんに言われたらときめきで心肺停止になると思うけど、もはや心肺停止になるところまでがご褒美みたいなところあるよね!(?)失恋したい枠の濱田くんに好きって言って、ごめんなぁって言われて失恋したいし、泣かんとってや、かわいい顔が台無しやでって言われて、そんな風に優しくされたら嫌いになれないぃぃぃってさらに泣きたい、そして濱田くんを困らせたい。だから私はさっきから何を言ってるんだ。


【「こっち向いてくれへん?」だなんて。いつもはそんなこと聞かないくせに。いつもと少し違うこと、気づけるくらい、一緒にいたんだと思ったら、少しだけ世界に優しくなれる気がした。振り向いたら、君の背中に未来が見えた。未来ごとすべて、私にすべて、くれますか。】

 

 

・重岡くん「もし俺が死んだらさ、悲しんでくれる?」

重岡くんに闇を背負わせたい芸人です!!こんばんは~~~~!!にこにこ天使ちゃんの重岡くんが、とてつもない闇を抱えているって設定を考えたら楽しくなってきちゃったんだけど、私の中にいるおしげのモンペが重岡くんがにこにこしてない世界なんて許せない > <って怒ってるからせめて妄想の中だけでもということでこのセリフに決定!でもやっぱりにこにこ笑いながら人を殺していくサイコパスか、二重人格の重岡くんみたいから、早くどうにかしてくれよな!テレビ局!もしくはそこの君!君だよ君!


【彼の「もし俺が死んだらさ、悲しんでくれる?」に対する私の返答は一択。というより私は、それに対する正解の答えしか知らないのかもしれない。彼が背負う闇も棘も過去という楔も、すべてが彼の身を引き裂く一端になるというのなら、私がすべてを引き受けましょう。今宵私は、初めてあなたに不正解を投げつけるのです。悲しむ前に、私があなたを仰せのままに。】

 


・神山くん「俺は嘘しかつかへんで?」

神ちゃんの笑い方が好きって最近気づいたんだけど、ちょっと笑いながらこのセリフ言ってほしすぎてつらい。神ちゃんほんとに世間に見つかってほしいな私。絶対世間に愛される人だと思うんだよね私。めちゃくちゃかわいいもん。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。コンサート中は女の子みたいにかわいいのに、ドキュメンタリーの映像で黒いマスクでタンクトップでリハしてるところ見たとき、男でしかなくて、いや男の子だってことはそりゃあわかってるんだけど、男の子じゃなくて男なのよ。沼を感じる神ちゃん。私は黒髪が好きだよ神ちゃん。


【嘘つきだと思っていた彼は、愛を孤立させていただけなのかもしれない。自身から愛を孤立させているから、彼はあんなにも愛を他人事のように眺めているのかもしれない。「俺は嘘しかつかへんで?」ほらまた彼は、愛を突き放して、嘲笑する。】



・流星くん「愛情って、誰が作ったんやろ?」 

流星くんって、美を颯爽と追い越していってるよねって信じてやまないWhat?推進協会新入社員の私です。みんなほんとにPARTY MANIACSの流星くんって異次元の美だから見て、What?みないと後悔するから見て(What?ステマおばさん)流星くんってお顔が綺麗すぎるとんでもないイケメンなのに、口に乳酸飲料含んだまま喋って口から溢したり、お風呂でキャンドル焚いて髪の毛燃やしたり、おやすミックスと名付けたプレイリスト流しながら寝たりとか、あんまりにもかわいい天然ちゃんおばかさんだから困る。神さまに愛され過ぎてる。DNAから勝ち組。


【「愛情って、誰が作ったんやろ?」と、また彼は、答えなんてあってないような質問を投げ掛けてくる。私は彼の質問が嫌いだ。愛情って作るんじゃなくて、生まれるものじゃないと答えてみる。納得してないような顔をするなら、私になんて聞かなきゃいいのに。なぁ、俺お前のこと愛してんで。だなんて。あ、ほんまや今俺が愛を生み出したわ、俺が愛を作ったんやな。だなんて。彼には一生敵わない。】



・小瀧くん「なぁ、神さまって信じる?」

小瀧くんのこと考える度につかみどころがなさすぎて不思議な人だなぁって思うんだけど、そのつかみどころがない感じが新たな感覚でとっても楽しいなって思ってます。人間っぽさがあらゆる面から合間見えるのに、なんでこうも手が届かないアイドルとしての側面をひしひしと感じるのか、全然その後ろ姿に手が届かなくて手が空を切る感覚が愛しいって思えるのは小瀧くんだけな気がしてます。かわいくてもちもちで頭のいい最年少に手のひらの上でコロコロ転がされたいです。好きです。小瀧くん。


【「なぁ、神さまって信じる?」 俺は信じてるよ。だってまぁ、大体のことはそれなりにうまいこといくし、それなりになんでもこなせるし、月が今日も綺麗だし、水溜まりに反射する光が今日も優しく眩しいし、肌寒い夜はそれを言い訳にして君と手を繋げるし、おはようって言えば、ちゃんと君が返事をくれるし、なんなら俺が神さまだしさ。なーんてな。】

以上です!楽しかった!

ジャニーズWESTと鏡越し

ジャニーズWESTのみなさんと、「朝鏡越しに目があいたい」というわたしの妄想です!全編妄想です!うえすと好きになりたてなので、エセ関西弁なうえに、メンバーのキャラクターがブレブレですがお許しを!

 

朝の洗面台編

 

①重岡くん

 重岡くんとはとりあえず一緒に並んで歯磨きしたい。先に洗面台の前で眠いなぁって思いながら歯磨きしてたら、Tシャツに短パンで寝癖のついた髪の毛をわしゃわしゃしながらやってくる重岡くん。「おはよ、俺も歯みがきするわ」って言いながらこの間色違いで買った歯ブラシを手にとって隣で歯みがきをし始める。隣で歯みがきしてる重岡くんと鏡越しに目が合いながら微笑み合うの考えたら幸せすぎて泣けてくるんだけど、つらい、好きです。

 歯みがきしてるから話しかけられても何言ってるかわかんないのにそれでもなんか伝えようとしてもごもごして歯みがき粉口からこぼしてる重岡くんを見て笑いたい。「お前のせいで歯みがき粉が俺の口から出てもうたやん!お前も出せ!」って言いながらくすぐってきてほしい。そんでもって二人してTシャツに歯みがき粉付けちゃう。重岡くんとなら朝から笑顔が絶えなさそうでほんと重岡くんと朝を迎えられる人世界で一番幸せじゃん!わたしも重岡くんと隣同士で歯みがきしたい~~!このこの~!重岡リア恋枠大毅~~!

 

②濱田くん

 濱田くんには洗面台にて髪の毛を乾かしてほしいです!!「髪の毛伸びたなぁ~!」って言いながら濱田くんに髪の毛を触られることを考えただけで爆発しそう。ふと洗面台の鏡を見ると悪戦苦闘しながら髪の毛を乾かしてくれてる濱田くんが目に入って、愛しさ募らせたいし、わたしの視線に気づいた濱田くんと鏡越しに目があって、お互いによくわかんないけど照れ笑いし合いたい。あぁ、濱田くんと結婚したい、(抑えきれない欲望) 

 ドライヤー使ってるから、濱田くんがなんか言ってきても全然聞こえないのがくすぐったくてまた良い。「ドライヤー熱くない?」「え、何聞こえない!!」って大声でやり取りしたい。「だから熱くない?」「聞こえないってば!」「だーかーらー!」「ってかそもそもドライヤーのスイッチ切ればいい話じゃん!」「ん?なんやって?なんも聞こえへん」「あはは、濱田くんのアホ」「誰がアホやって?」「なんだ聞こえてんじゃん」ってちょーくだらないことで言いあいしたい。まぁほんとは髪の毛を触られること、髪の毛を乾かしてることにお互いに緊張してこんな風に言いあいするのはあと何ヵ月後かなって感じですけどね!!!!濱田くんと同棲してぇな!!!!

 

③神山くん

 神山くんには髪の毛を結ってほしい。洗面台の前で髪の毛どうしよっかなって悩んでたら、「どないしたん?」って聞いてきてくれる神山くん。優男。神山くんって付き合ったら彼女のことめちゃくちゃ大事にしそう(わたしのイメージ)でめちゃくちゃいいよね~好きだわ~(秒で恋に落ちる)

 髪の毛どうするか迷っててって相談したら、「じゃあ俺がやったるわ」って言いながら後ろにスッときてくれる。髪の毛アップにしたい!ここ編み込んで!なんていう要望にもなんてことなく応えてくれるのが器用代表の神山くん。真剣な表情がかっこいいなぁって見惚れてたら、「なぁ、シャンプー変えたん?」って言いながら鏡を見てくる神山くんと鏡越しに目が合う。シャンプー変えたことに気づいてくれたこともそうだし、鏡越しに目があったことにも緊張して焦って照れたいよね。それに追い討ちをかけるように「ええにおいやな、俺好きやで」って言ってくれるから、そのままシャンプーに埋もれて死んでもいいです。ありがとうございます。

 

 ④小瀧くん

 小瀧くんには後ろから肩にあごのせてほしいんだよねわたし。「ん~ねむいわぁ」って言いながら全体重をかけてきそうなびっくべいびーこと小瀧望(20)めちゃくちゃかわいいなぁ~(ゴロゴロ)眠いからいつも以上に甘えん坊も加速しててほしいし、仕事行くっていってんのに「え~行かんとってや~なぁなぁのんちゃん寂しいんやけど、それでも行ってまうん?」って駄々こねてほしい。想像してみて?めちゃくちゃはちゃめちゃにかわいいからな!!

 ねぇ、準備できないし、重たいからどいてって言っても、「いやや~俺の定位置やもんどかへん」って言うし、早く帰ってくるから!ね?って言っても「早いって何時?俺待たれへん」って言うしで埒あかなくなる。でもお顔がなんたってかわいいからめんどくさくても雑に扱えない。かわいいは正義じゃあわかった、終わったら連絡するから駅まで迎えにきてくれる?ご飯食べに行こって言ったら「ん~わかった、それで我慢する」ってしぶしぶ納得してくれる。長い。やっと離れたかと思ったら突然髪の毛を耳にかけてくれながら「こうした方がかわいい」って言ってくるから心臓に悪い。驚いて顔をあげると鏡越しに目が合う。策士。「でもかわいいのは俺の前だけじゃないとアカンねん」って言いながら結局髪の毛をもとに戻すから、気紛れのんのんに振り回される。ずるい男だわまったく。

 

 

化粧台編

 

①流星くん

 流星くんと目があったら鏡がその美貌に耐えきれなくて割れそう。聞いてないのに世界で一番美しいのは流星くんですって鏡が言い出しそう。流星くんはきっと彼女が香水をつけたあと、匂いにつられてふらふらっとやってくる。そうであってほしい。化粧台の前で香水をシュッとしたら、バフッと後ろから抱きついてきてほしい。「んふふ~ええにおいがする」って言いながらあのふにゃふにゃ笑顔で笑ってほしい。その笑顔と鏡越しに目が合ったら、その日がわたしの命日です。良き人生でした。

 いいにおいって言ってくれてるけど実はペアで使ってる香水だから、流星くんからも同じにおいがするってところがポイントです。「一緒のなんだから同じにおいだよ」って言うんだけど、「あ~そうやんなぁ~でも自分じゃ自分のにおいなんてわからへんもん」って言ってくるからかわいすぎて壁に頭をうちつけそうです。朝から流星くんのふにゃふにゃ笑顔を拝めるって考えただけで素晴らしい人生過ぎるし、拝観料払わないと、バチ当たりそう。

 

②淳太くん

じゅんたくんには後ろからネックレスとめてほしいなぁ~。化粧台の前で、ネックレスとめようとしたら「俺に貸してみ」って言われたい。「俺こっちのモチーフの方がすきやから、こっちにせえへん?」ってサラッと違うのつけることになりたいし、「とめにくいから髪の毛ちょっと手でくくってくれへん?」って言われたいし、「やっぱりこっちがお前には似合うわ」って鏡越しに目が合いながら微笑まれて、天に召されたいです。

 ちょっぴり緊張してなかなかとめられないのがじゅんたくんって感じがしてとってもかわいい。「じゅんたくん早く~!」って煽りたいし、「うっさいわ、黙ってろ」って言うドSじゅんじゅんにきゅんきゅんしたい。でもあのかわいいお顔のじゅんたくんと鏡越しに目が合うって考えただけで、普通にやばいよね。じゅんたくんって女の子に慣れてそうでもあるし慣れてなさそうでもあるし、どっちにも転がる可能性があるから一番沼。

③照史くん

 あきとくんと朝から鏡越しに目が合いたいってところから思い付いたのがこの妄想の始まりです。
 だって朝、鏡越しに目が合うってことは!同棲してるか!お泊まりしてるか!結婚してるかじゃんよ!!私だってあきとくんとそうなりたいもん!!

 あきとくんとはわたしがお化粧してる最中に目が合いたいです。化粧台の前で化粧してたらとことこ近くにあったイスを持ってやってきて、わたしの斜め後ろに座るあきとくん。じっとこっち見てくるあきとくん。そのお顔がかっこよすぎて恋するのでこっち見ないでほしいです。うそです。見てください。「女の子って毎朝大変やなぁ」って言ってくるあきとくん、「あ、俺その色好きやわ」って口紅の色を褒めてくれるあきとくん。好き。「でもな俺な、化粧してるのも好きやけど、化粧してなくても好きやで」って言いながらニコッとしてくれるあきとくんと鏡越しに目があいたすぎてわたしはこれからどうしたらいいんでしょうか。これ以上頭がおかしくならないためにも、いい脳外科を募集してます。 

 

はい!全編妄想でした!以上です!

 

うえすとアカウント作りました!(@BB_agl_XX)

初めてジャニーズWESTのコンサートに行った亀梨担による感想

 
2016年4月3日にジャニーズWESTのコンサートに行って来ました~~!ラッキィィィィィィィ7 IN 宮城!!あのね!ほんとに楽しかったの!ほんとにほんとに楽しかった!!ねぇほんとに楽しかったの!!(大事なことは3回言うスタイル)
いわゆるごくせん出の亀梨くん担当の私は、KAT-TUN以外のジャニーズの知識がほんとにふわっとしかないので、コンサート前までジャニストについて知ってることと言えば、陽気で明るいお兄ちゃんたち!THE 関西!ズンズンドッコズンズンドッコ!(ズンドコがこんなジャケ写なの最近知ったよ かわいい!)

f:id:ammKKK:20160606222330j:image
 
くらいで、ほんとになんの前知識もないまま、最新のアルバムをお友だちに借りて、そこに入っている曲しか知らない状態でコンサートに行きました。ちゃんと曲知ってればもっと楽しかったのに~~!!と終わってから地団駄踏みながら後悔したから次はちゃんと聞いていく!と決意しました。あんなにコール&レスポンスが楽しいなんて聞いてない!バンバンって撃ったら撃たれたふりしてくれるイケメンのお兄ちゃんたちがいるなんて私!聞いてない!
 
本当はセトリ順に感想言えたらいいんだけど、いかんせん曲がわからん!悔しい!ということでユニット曲とメンバー個人に抱いた感想をポチポチ書いていきます。勢いとテンションで語彙力のなさを誤魔化してるよ!
 
 
【小瀧くん×流星くんユニット曲】
 
いや、待ってくれ、お願いだから、ときめきで心臓止まらないようにするための心の準備体操終わってな、\\ぎゃぁ~~~~!!♡♡♡♡♡//みたいな、準備不足のオタクの息の根を瞬殺する曲。てか早い、ツインの登場早すぎて、準備体操してないのに、クラウチングスタート決めて、靭帯断裂しちゃった☆みたいな、あっという間に恋の衝突事故☆みたいな衝撃でした。今から行くで~!って事前アナウンスくれないと心臓もたないからね!?二人は自分のかっこよさもっと自覚して!?(逆ギレ)ほんと怒濤の色気!顔面偏差値!声あまあま!で私はツインにおひねり渡さない限り死ねないんだと悟った。かっこよさときらきらと鳥肌一気に押し寄せてきて、つらかった、かっこいいの過剰摂取、ダメ、絶対。
 
曲だけを聞いて黒と白の衣装かなぁ~と思ってたら!彼ら!赤と白のスーツで登場!いやぁ~期待の裏切り方の天才!ジーニアス!赤と白のスーツでサングラスかけて出てきて曲調から何から色気駄々漏れ。向かい合わせが似合うツインの向かい合って踊るダンス~~!好き!!!!!流星くんのサングラスの外し方が好きで声にならない声が漏れました。私サングラスをうまく扱えるお兄さん好きなんっすよ、ええ。二人とも顔も甘いのに声も甘くてもうあんなの見たら逃れられないデロンデロンに溶けてしまう。小瀧くんは私の1個下なのに体格がしっかりしてるからか、腰ふりも若さより、がっつりエロさを感じました~!!!ツインの腰ふりで客席がキャー!> <ってなってるなかで、声を出すこともなく舐めるように見てしまったことを反省しています。KAT-TUN亀梨和也担当10年選手は腰ふりに耐性がついているようです。いぇす!私の担当はジャニーズのセックスシンボル♡

f:id:ammKKK:20160606222344j:image
 
 
【重岡くん×神山くんユニット曲】
 
クリスマスに彼女とデート♡みたいなめちゃくちゃかわいい曲。歌い出しの重岡くんの声が甘すぎて、糖分濃度が!エグい!今なら私角砂糖になれる!!!とかよくわかんないことを思った。本当に重岡くんはにこにこしながら甘い声で歌うから好きになる。むしろ好きにならない選択肢がない。天使でしかないから!マジ!地上に降り立ったMyエンジェルYourエンジェル is おしげ!だから!ほんとににこにこ天使ちゃんでした!ベリーキュート!
 
そんでもって神山くんの衣装がとってもとってもかわいくてあれは神山くん自らプロデュースしてるのかな?自分に似合うものを分かって着てる神山くんのセンスの良さ!小物使いが本当にかわいい!あと、神山くんはとりあえず、ずっとずっとお顔がかわいくて、いや、かわいいのは当たり前なんだけど、かわいいの持続力がとんでもない。かわいいにも程があるぞ!せんせ~!かわいいは一人300円以内なのに、神山くんだけ30000円分持ってきてます~~~~!って私の中の学級委員長が物申し始めたから、神山くんはこれからもどんどん私の中の学級委員長を引き出してくれよな!
 
曲の終盤にセンステに二人でやってきて、回転するステージの上、雪に見立てた銀テープ(かな)が降るなか、キャンドル風の置物の合間でかわいい振り付けで踊る二人を見ながら、一生見ていたいと思いました。閉じ込めてしまいたい、真空して保存したいかわいさ。かみしげちゃんかわいい。
 
 
【桐山くん×濱田くんユニット曲】
 
私的ジャニスト内のリア恋枠二人によるモテないキャラの気持ちを歌うユニット曲。衣装が半ズボンで、靴下をめちゃくちゃ上まであげて、どっかのお坊ちゃん風のかわいいスーツみたいなので出てきて(語彙力不足)、ただただ好きになるしかなかった~~!かわいいもん!てか、二人とも絶対モテるじゃん…気づいてないの…?モテないと思ってるモテる人がモテないキャラの歌を歌うのダメだからな…そんなのただの爆モテなんだからな…(天国)爆モテの二人にどっちが好きなの?って聞かれる世界に生まれてこれた私めちゃくちゃついてる~~~~!!!いぇーい!!!!
 
メンステの天井にカメラがあって寝転がって天井にアピールしてるのかわいくて悶えた。コール&レスポンスが本当に本当に楽しくて、それが出来ただけでこのコンサートいった甲斐があるとすら思いました!\あきととたかひろこっち見て~~‼ /
 
なんや~かんや~どっちが好きなの~?
\もちろん!あきと~~!/
なんや~かんや~どっちが好きなの~?
\もちろん!たかひろ~~!/
楽しかったもっかいやりたい!!!!!
 
 
【淳太くんソロ曲】
 
ムチ持って出てきたじゅんたくん。ほんとに鳥肌が止まらなかった。合間合間でムチを床に叩きつけてるところも(床になりたい)、バックのジュニアが黒いマスクみたいなの着けてるのも、悔しいくらいに好きで、じゅんたくんが呼吸する度に好きになる勢いだった。曲の終盤のメンバーを紹介するところで、ポップアップでメンバーが順番に出てきて、そこからじゅんたくんのバックダンサーとして踊り始めるんだけど、かっこよすぎて気が狂いそう。最年長をもりたてて踊るバックダンサーがメンバーって、そんなの好きにきまってるじゃん!!!!!そういうギャップやめてください!!!!!好きです!!!!!> <♡
 
じゅんたくんに、最年長のしっかりした勉強できるバイリンガルお兄ちゃんのイメージを抱いてた私に、あ、オスだこのひと…これ以上見てたら孕みそう…って思わせたまま去っていったじゅんたくん…!あの日から毎週水曜のじゅんたくんのなにわぶ誌を楽しみにしている女がここにいます。狩り、成功してるよ???
 
 
 
【重岡くん】
 
重岡くんの笑顔を知らなかった今までの私を呪い殺したい。私が今まで生きてきた20年という人生において、私が今まで出会った人の誰よりも、彼の笑顔がかわいいと思ってしまった。世界で一番笑顔がかわいい。笑顔が世界で一番似合う。目の前にきて歌ってくれたとき、後ろからのライトに白く照らされて、伏し目がちにニコッと笑いながら歌い上げる姿を見て、天使、だと本当にそう感じました。彼がセンターにいる限り、きっと、根拠なんてないけど、ジャニストは無敵。そんなことを思いました。なんの疑いもなしに、誰かを見て、天使以外の形容詞を当てはめられなくなる感覚ははじめてで、スーパーアイドル重岡くんが、ジャニーズという世界に生きていることを、初めて出会った私ですら神に感謝したくなりました。重岡くんって辞典のギャップの欄にのるべきだと思う。ギャップの申し子重岡くん!ギャップを変幻自在に操る重岡くん!
 
あと重岡くんはほんとに効果音が似合う。MC中もじっとしていることが全然なくて、そわそわわたわたずっと動いてる。わーっと走ってピタッと止まって手をブンブン振ってニコって笑ってピョンピョン飛んでまた走り出す。あーーーーー!!重岡くんに効果音を付けるだけの仕事に就きたかった~~!!(大の字)目が離せない!ずっと見ていたい!彼の担当として生きる人たちはきっと幸せなんだろうなぁと、勝手に想像してほっこりしました!羨ましい!スタトロが通るとき、ふと後ろを向いたら満面の笑みでファンの子に手を振りながら笑いかけている重岡くんを見て、もう何か泣けてきちゃって、初めて見たのにこれから先重岡くんがずっと幸せでありますようにって思いました(重い)
 
 
【神山くん】
 
センスの塊。天才。鬼才。早く世間に見つかれ神山くん!何をやらせても天下一品。ものまね、ダンス、歌声、優しさ、フォローのしかた、ほんとにありとあらゆる点で抜けがない。そして衣装がほんとにかわいい。私物なのかなって帽子だったりメガネだったりがピンポイントで私のツボをついてくるからもう神山くん、私服本だそう?私がもう少し都会に住んでて、原宿を拠点に生活するようなJKだったら確実に神山くんを崇拝してる。私のような一般ピーポーには理解できないハイセンス!山猫みたいなまるめがねとベレー帽と首にオシャレなスカーフをちょいと巻いて出てきたのを見たときにはもう、何か、負けたって思った。何が負けたかって言うのは分かんないんだけど、とりあえず神山くんには敵わない。でもその敵わないって思う感覚がとってもとっても気持ちいい。
 
重岡くんとのユニット曲でロシアの人みたいなもふもふしたのをたしか首に巻いてた?頭に被ってた?んだけど、もうね抱き締めたいかわいさなの!やだ~~かわいい~~♡♡なんなのもう~~~~♡♡って私の中のIKKOさんよりのオネェが発動した。とりあえずこれからの私の合言葉は世界に見つかれ神山くん!神山くんは世界に愛されるべきひとだと思うの!絶対!コンサート前まで神山くんのことKpopっぽいなとか思ってたのにそんなこと全然ない。ちょーアイドルでした。好きです。
 
 
【淳太くん】
 
じゅんたくんの手のひらの上でころころ転がされてぇ~~~~!!!!!!!!黄色ジャスミンになりてぇなぁ~~~~~!!!!!!!!と思いました。じゅんたくんのイメージって最年長のお兄ちゃんでちゃんとしててお金持ち!って感じだったのに、実際はただのきれいなお姉さんだし、色気半端ないし、最初の一人一人の挨拶で黄色ジャスミンをえこひいきしてくれるし、要所要所でアイドルとして決めてくれるから、好きなやつ~~~~~!!ってなってました。たしか去り際に片方の手をガオーって形にして、「狩っちゃうぞ♡」って言ったと思うんですけど、いやいやいや、そういうことするのねぇ~~~って瀕死になりかけたのでもっとやってください(土下座)
 
心地よい安定感を感じる最年長の強みって言うのかな、すごい好きな雰囲気を作れるじゅんたくんにコンサートの最中ずっと弄ばれてた♡そういうの好き♡じゅんたくんのソロ曲がジャニーズソロ曲のなかで5本の指に入るくらい好きなので、早くDVD出て!買うから!!!!!(貢ぐ女)そういや、じゅんたくんを淳太くんって漢字で書かずにひらがななのは、じゅんたくんに転がり落ちないようにするための私にとっての予防線です。え、だってさ、じゅんたくんを淳太くんって書いたらなんか、うええええええんかっこいいいいってならない!!??ひらがなで書くことでなんとか有り余るかっこよさ和らげてる感ある!!
 
 
【濱田くん】
 
全人類のリア恋枠筆頭濱田くん。目の前にきて歌ってくれたとき、いやいやいやこんなの好きにならない女いるんかい!?!!??って思いました。ただのイケメン。そうただのイケメン。あのね、とりあえずイケメン。(大事なことは3回 以下略)あのね、歌声がねほんとに好きでずっと聞いてたい。ソロ曲とかあるのかなぁ…ソロ曲丸々濱田くんの声とか耳が幸せでおかしくなりそう…幸せで耳がとれそう…でも聞く…おさるさんの格好でバナナ食べながら目の前を頭下げながら通ってくれたんだけど、それからほんっとにバナナ見るたび濱田くんのこと思い出すんですけど ‼> < 責任とってください‼ > < 
 
濱田くんは目の前に立ってパフォーマンスしてるときの、オス感が半端なくて、何か私、この濱田くん見れるなら女に生まれてきてよかったって思いました。女に生まれてきたことを感謝したくなるアイドルこと濱田くん!!ありがとう!!私は女に生まれてこれて幸せです!!恋したい枠より失恋したい枠の濱田くん!告白してあえなくごめんなぁって言われたい!何て言うのかな、骨格が男なんだよなぁ~~~~、女の子を女にする男、つまりあれだな、好きだな。
 
 
【桐山くん】
 
リア恋枠ってこういうことかと頭を抱えました。何か一周回って私はどうしてあきとくんと結婚してないのかと思うようになりました。助けてください。元々頭おかしいのにこれ以上おかしくなったら誰も嫁にもらってくれない~~~~~!あきとくん!責任とって嫁にもらってよ!バカ!ただいま絶賛あきとくんへのリア恋がフルスロットルで加速中です。B.A.D.の頃から元々お顔が好きで、醸し出す雰囲気もとっても好きだったのに、コンサート行ったら行き着くところまで好きになってしまいました。だってさ…私知らなかったんや…あきとくんがあんなにもファンの子を甘やかしてくれるなんて…だから…だってさ…あんなにかっこいいなんてさ…無理じゃん…俺を好きにならへん?って言ってるじゃん…あきとくんのDNAがさ…それに対してさ…好きになるって答えたいじゃん…私のDNAがさ…
 
目の前でリフターに乗ってバラードを歌い始めるあきとくん。好きだよ、ねぇ好きだよ、と歌い始める。そんなんこっちのセリフだわ!と思いながら聞いてました。かっこよすぎてこわい!尋常じゃないかっこよさ!なんだろうな、体型がしっかりしてるからなのか、安心感がとんでもなくて、あきとくんという存在に埋もれたいと思いました。汗を手で拭きながら、マイクの調子確認して歌い始めたところを見てアイドルじゃない仕事人の一面を知って、そういうの好き(泣)ってなりました。笑い方が好き。頭の回転の早さが好き。もはやアイドルとか通り越して、普通に好きです。好きなタイプ=あきとくんです。よかった、あきとくんがアイドルで!!!!!ただの重たいストーカーになるところだった~~~~~!!!!!(心から)アンコールでエロかぶりして出てきたところも、フード被って高音で歌い上げるところも全部好き!!!!です!!!!
 
 
【流星くん】
 
ん~~~~?流星くんって人間?え?同じ人類?いやいやいやご冗談を~~~~!がコンサート後の印象。顔が綺麗にもほどがありすぎる。俺実はCGなんですって言われたら、ですよね~~~~!ってなるレベル。目の前にただいるだけでそのオーラで圧倒される人。鳥肌がしばらく止まらなかった。本当にお顔が綺麗。いやほんとは!綺麗なんて言葉にくくるのすらおこがましいくらいなの!流星くんの美に相当する、流星くん用の形容詞作んないとあの美しさ表しちゃいけないくらいにほんと綺麗。流星くんのお顔に美が追い付いてない感!!流星くんが美を追い越していってる感!!最高!!
 
コンサートの中でゲームに挑戦するコーナーで成功して、サインボールをプレゼントすることになって、私のいた席の目の前にやって来た流星くんがマイク外して地声で「ほしい?」って上の方のファンの子に聞いてたんですけどイケメンすぎて辛かった…上の方に聞いてんのに下の方の地声に直撃したファンたちみんなただの女になってたからな!?!?サインボールじゃなくてお前がほしいわ!!って思ったわ!!お前をくれよ!!って思ったわ!!ねぇ私の周りの女の子たち!!??だよね!!
 
他のメンバーが話してる間そのサインボールをポーンポーンてバスケみたいに遊んでて、手が滑ったのか危うく客席に落としそうになってあぶねあぶねって笑ってた顔がイケメンすぎて恋する。ただただ恋する。君から恋をはじめたいって私の中で清涼飲料水のCMのキャッチコピーみたいなのが生まれるくらいには恋する。MCのときに、流星!R.Y.U.S.E.Iやって!ってうちわが多い話になってそれに対して、しょーもなって言った流星くんに、私の性癖完全にえぐられた。口悪いイケメンな!!はぁ好きだよ!!
 
 
 
【小瀧くん】
 
今、どうしようもなく気になる存在。小瀧くん。目の前で見たとき、目にきらきらが宿ってるじゃないかってくらいにきらきらしてて、きらきらを操る魔法使いなんじゃないかって思った。ほんとあんなに目にきらきら宿せる人、いるんだね、かわいい。コンサート行ったときはなんにも意識してなかったんだけど、そうか彼はまだ19歳なんだ…!って思ったら尊いがあふれでてきて止まんない。お顔がもちもちで、声が甘くて、彼は蜂蜜をたっぷりかけたパンケーキなんだろうか…?って思うくらいの糖度。多分彼はパンケーキなんだと思う。
 
お友だちにアルバムを借りてツインの曲を聞いたその日に夢に出てきたのが小瀧くんで、それ以降なんだか気になる存在ではあったんだけど、どうしてだろうねコンサート以降、気になって気になって仕方ない。きっととどめはコンサートの日の夢にも出てきたことだよなぁ~~~~!コンサートの最中ほんとにテンションが高くて、私はいつもの小瀧くんがどれくらいのテンションなのか知らないから、比べようがないんだけど、それでもメンバーにテンション高すぎひん?みたいに言われてたってことはきっと相当テンション高かったのかな、かわいい。ほら私、小瀧くんのことを話そうとすると、ない語彙力がさらになくなって、とりあえずかわいいしか出てこなくなるの!かわいいしか言えなくなる魔法にかけられたのかもしれない。そういやコンサート以降、小瀧くんのことをのんのんって呼んでるんですけど、のんのんって呼ぶことに違和感を感じさせない小瀧望(19)ってめっちゃかわいいですね!!??って一人で頭を抱えてます。小瀧望(19)の字面の尊さがやばい(急募 語彙力)
 
 
ハァ~~~~!待って!よくわかんないけど文字数やばいよね??ここまで読んでくださった方いらっしゃいましたらほんとにありがとうございます!
 
 
夏の恋は誰と誰と~するっ?♡って私の中のNMB48が歌い出しているので、夏に恋したくなる彼らの夏に期待しまくりです!それにしても夏が似合いすぎるねうえすとさん!これからちょっとずつ追いかけていけたら嬉しいなぁ~!
 
まだまだなんにも知らないことばかりだから、私にステマしてくれるそこのお姉さん!待ってます!
 
またコンサートに行きたい!って人柄で思わせてくれる彼らの未来を一緒に追いかけたくなる!コンサートとっても楽しかったです!以上です!
 
 

私の愛する同い年の二人のスターへ

私が大好きでたまらない、そんな二人の話をします。

私は亀梨くんと田口くん、二人のユニットが好きです。

亀梨くんと田口くん、二人のユニットは友達部という名で呼ばれます。少年倶楽部でコントをしたときに、友達部という部活動に所属する学生を二人が演じたことが名前の由来です。

私がそんな二人のユニットをたまらなく愛しいと思い始めたのは本当につい最近のことです。2014年に入ってから。KAT-TUNが四人で歩み始めてからだったように思います。

新しく更新されていく二人の輝きに1度だって慣れることはありませんでした。慣れることなく毎回新鮮にときめいていました。

もっと早くから二人を見ていたかったと、好きになってから何度もそう思いました。後悔なんてしても意味はないことを知りつつ、リアルタイムで二人に愛しい気持ちをぶつけたかったと、何度も何度もそう思いました。今が一番美しく、洗練されて輝く二人であることを知っているからこそ、その当時を生きる二人を見つめていたかった。でも同時に、今を一番輝く二人を好きになれたことを誇りに思っていました。好きになれたことに意味がある。この世界には友達部を知ることのない人の方がきっと多く存在している。今からだって何ら遅いことはない。知らないことが多ければ多いほど、一つ一つ二人のエピソードを知る度に心の中に溢れていく愛しさを噛み締めるように大事にすることができました。

二人の大好きな姿が更新されていくことをいつも心待ちにしていました。決して目に見える絡みが多い二人ではありません。二人でラジオをしているわけでも、バラエティー番組で目立って絡むわけでもなかった。レギュラー番組でも、立ち位置が固定されているせいか、いつだって端と端に立つ二人を、もどかしいと感じることもありました。

叶わないと知りながら、たくさんの後悔を今でも夢見てしまいます。亀梨くんのラジオに田口くんがゲストでやって来て、「入口出口田口でーす」と田口くんが挨拶して、亀梨くんがその側で笑う姿も。少年倶楽部プレミアム内の大人の修学旅行というメンバー二人で旅するロケに二人で出掛けて、中丸くん、上田くん、スタッフ、視聴者全員置き去りにして二人だけの空間を作り上げることも。デビュー後すぐのくすぐったいほどにやんちゃな声で歌い上げた二人で歌うSPECIAL HAPPINESSという曲を、今の二人はどう歌うんだろうと。今の二人が作る曲はいったいどんな素敵な曲になるだろうと。これだけではない、数えきれないほどに二人に託そうとした夢を、私は今も、どうしようもなく信じて夢見ては、あまりにも大きくなりすぎる叶わない夢の大きさに打ちのめされそうになってしまいます。


田口くんは一万字インタビュー内の亀梨くんへのメッセージで
デビュー前からいっしょにごはん行ったり、同い年ってこともあるし、いろんな思い出でいっぱいだから、なんつーんだろうな、うん、青春時代を支えてくれて、ともに過ごしてくれて、ありがとうって伝えたいかな
とそう話しています。田口くんの青春の側に亀梨くんがいる。それだけで私は、KAT-TUNに青春を捧げてきた自分を誇りに思うことが出来るような気がします。

KAT-TUNという青春をともに過ごした亀梨くんと田口くんという同い年の二人は、私にとって青春の延長線上を見せてくれるようなそんな二人でした。様々に移り変わる時代の中、当たり前のように知らずのうちに大人になる私にとって、友達部二人の「昔から変わらない」という関係性に幾度も青春を感じていました。

同い年の二人。2008年頃に「ライバルは作らない」そう話していた亀梨くんは、2013年頃に「グループ内でライバル関係があってもいい」、そして2015年になって「田口がオレをライバル視している」と、そう話すようになりました。お互いが演じている役を羨ましいとそう口にする二人が、隣り合って切磋琢磨していくうちに、凌ぎあって輝きあって。これからさらに美しくなる二人が魅せてくれる世界はきっとどんなに素晴らしいだろうと、言うまでもなく最高の世界だろうと、そう確信していました。


私は友達部が好きです。


二人が並んだときの、圧倒的な美しさが好きです。耽美の化身のように、美で世界を捩じ伏せることのできる二人が私にとっての希望でした。

二人の変わらない関係性が好きです。四人での最後のMステで、田口くんの頭をわしゃわしゃしながらいたずらっ子のように笑った亀梨くんと、そんな亀梨くんにされるがままに笑った田口くんの姿が、私の愛する二人のままでした。変わらないままでいてくれてありがとう。私の青春を綺麗なままで思い出にしてくれてありがとう。そんな二人は私にとっての大好きな青春でした。

二人の学生のようなじゃれあいが好きです。田口くんのギャグに一人だけ笑ってしまう亀梨くん。田口くんのギャグを自分のものであるかのように披露する亀梨くん。田口くんと同じ思考回路であることを誌面で少しばかり不満そうにしているかと思えば、違う雑誌の裏話で、「田口!田口!オレ田口と同じ思考回路だって~~~!」とニコニコ報告してるのをばらされたり。そんなそんな二人の同じ思考回路の内容が下ネタだったり。そんな男子学生のような二人のキラキラが大好きでした。

二人の身長差が好きです。亀梨くんと田口くん以上に身長差があるユニットなんて数多くあるけれど、亀梨くんが首をこてんと田口くんの肩に乗せて歌う姿が、田口くんの肩に頑張って自分の腕を乗せて写真におさまる亀梨くんの姿が、私はなにより大好きでした。田口くんの足を開かせて、身長差を目立たせないようにする亀梨くん。二人の姿に私は幾度も愛しさを募らせていました。

田口くんのかっこよさを認めて話してくれる亀梨くん、そんな二人の姿が好きです。田口くんのかっこよさをすぐ近くで認めてくれる亀梨くんがいたから、田口くんのかっこよさを発信することを私は誇りに思うことができました。聖くんと亀梨くんで「田口の良さをどうやったら伝えられるか会議」を開いたこともありましたね。素材はいい、田口はそのままでいい。いつだって亀梨くんは田口くんの担当であるかのように田口くんの良さを肯定してくれました。田口くんにパーマをかけた方がいいと勧め、その通りにパーマをかけて見事にあか抜けた田口くんのことを、絶賛していた亀梨くん。同い年の二人のそんな姿が大好きでした。

大好きなところなんて書き連ねられないほどに数えきれないほどにたくさんあります。同じエピソードにすら何度も何度も愛しさと幸せを感じられる。そんな気持ちを教えてくれた二人に私は感謝の気持ちしかありません。亀梨くん、田口くん、ありがとう。私は二人が同じグループで歩んできた事実をこれからも大事にしていきます。

私は信じています。私の愛した同い年の二人のスターのことを。二人がこれからも別々の道で輝く限り、私にとっての光は決して失われることなんてないはずだと。私はこれからも二人の生きた青春を、何の曇りもなく愛していきます。少しずつ過去になっていく二人の思い出を、私はこれからも現在に変えて生きていきます。尊いの名を意のままに操る二人に、これからだって惑わされながら生きていく。自ら惑わされにいくよ、これからも。

二人の代わりなんてこれからもきっと現れないなら。ならば二人に大好きを伝えたい。私の愛した友達部にたくさんの好きを伝えたい。これからだってずっと、私の好きの気持ちを蝕んで、侵食していくのは友達部だけで構わない。

悔しいね。だってほんとは、二人が同じ世界で同じ方向を向いて輝くことを、こんなにも諦めきれていないんだから。好きだよ。本当に好きだ。諦めなんてつかないからこれからだって、バカみたいに好きを伝えることを許してください。


私の愛した二人にありったけの愛と感謝を。

そして私の愛する二人がこれからも健やかで幸せでありますように。

大好きです!!!!!!!!友達部!!!!!!!!たくさんの幸せをありがとう!!!!!!!!


追伸 田口くん。オフィシャルではカメで、プライベートではかずやって呼ぶんだもんね。これからもそこだけは守って過ごしてね。その呼び方変えて、他人行儀に亀梨さんなんて呼ぶことがあったら、田口くんのおうちの靴下、左右揃えてしまってあるやつ、左左のペアと右右のペアに全部組み換える呪いかけます。

田口くんのお話

田口淳之介の話が好きだ

君の文章からは声が聞こえる。君の声が君の言葉が君の音色となってたくさんの人の心に届く。君の文章は君のありのままで、私の心に直接響く。なんて聡明で朗らかで愛と優しさに溢れた真っ直ぐな文章なんだろう。本当にまるで君のようだよ。

田口淳之介の笑顔が好きだ

君の文章を見ると笑顔がこぼれるんだ。君の笑顔が誰かを笑顔にするように。文章はまるで君を表すようだね。君は間違いなく、誰かを笑顔にする太陽だ。目をつむって君を思い出すよ。そうするとね、笑顔の君しか出てこないんだ。笑顔が誰よりも似合う君の心を君の文章から知っていくのは何よりも楽しかった。

田口淳之介の絵文字が好きだ

君の文章を彩る絵文字は私にとっての幸せだったんだ。スマホの絵文字欄を見るのが楽しくなったのは間違いなく君のおかげ。ずるいね君は。そうやって日常に君の欠片を落としていくんだね。忘れることなんて出来ないのに。何気ないヒヨコの絵文字が愛しく思えるのは君のせいだよ。忘れてなんてあげないからね。

田口淳之介の表すメンバーが好きだ

君が見ているメンバーの姿が、君の言葉から伝わってくるんだ。そんな風に見えているんだねって、そう思いながら読むと、KAT-TUNへの好きが君の文章と共に溢れてくる気がしたんだ。毎週のようにメンバーを思って例えていた君の心の中に、これからもたくさんの優しくてあたたかいものがとどまり続けていますように。

田口淳之介が好きだ

君が生み出してきた、絵も言葉も、全てが誰かの心の糧になる。落ち込んだとき、辛いとき、君の名前から始まる文章に何度笑顔をもらっただろう。美しい人。最初から最後まで、何も変わらず美しい人。ありがとうはこっちのセリフだよ。明るく笑顔で手を振る君が、最後に想像できるから、そんな君をまるごと全て愛しく思うよ。

君と同じ空の下で繋がっていると思うだけで、幸せな気持ちになれるんだ。私ってば幸せ者だね。

田口くん。お疲れさまでした。本当にありがとう。

空を見上げる度に「淳之介田口の話。」を思い出す。

たくさんの感謝の気持ちを田口くんへ。

そんな今日の私の話。

田口くんへのいまのきもち

11月24日、KAT-TUNを脱退しますと前を見据えて話す田口くんの姿を見た。

そこからの記憶が真っ白で、理解したくないと思いながらも流れる涙が事実なんだと思い知らせてきた。泣きたくなんてなかった。泣いたら認めてしまうみたいで、それでもずっと泣き続けた。亀梨くんの言葉が耳に入ってこなくて、でもそんな中でも心は正直で、亀梨くんのそんな顔は見たくなかったんだと叫んでいた。心が痛かった。理解したくない気持ちと認めたくない気持ちが、心を壊していく感じがした。

だっていつものようにそこにいると思ってたから、笑って話す君に恋をして、アイドルとして存在する君をこれからも愛せるって、そう思ってたから、こんなにもどうしようもない行き場のない気持ちのやり過ごし方を私は知らない。大好きすぎて苦しい。大好きな人の思いを素直に受け入れて行ってらっしゃいって送り出せない。どうしてどうして何でなのって、嫌だよやめないでよってそう思ってしまう。すがりついてでも引き留めたくなってしまう。

大好きなんだよって伝えることすら出来なくなるなんて。思うだけじゃ伝わらないってよく聞くけどそれはきっと伝える相手がそこにいるから言えるんだって気づいたんだ。ねぇ田口くん、田口くんがいなきゃ伝えることすら出来ないよ。大好きだって田口くんに伝えたいんだよ。

アイドルとして輝く君が大好きでコンサートにいけば必ず君に恋をして、君を担当だと名乗れたらどんなに幸せなんだろうとそんなことを夢見ていた。大きく手を降る田口くんの姿を見るたびにコンサートにきて良かったのだと思えた。KAT-TUNを好きで田口くんのことを好きだという私の気持ちを、田口くん自身が田口くんの声が行動が、肯定してくれるような気がしていた。田口くんに夢を見ている時間が大好きだったんだ。

田口くんが夢だった。アイドルとして輝く君は私にとっての大好きな夢なんだ。

大好きだから笑っていてほしい、誰よりも幸せでいてほしい。口ではそう言えるけど、そう思いたくない心が邪魔をする。本当は醜いくらいの汚れた心がそれとは正反対の理想を押し付ける。行かないで、置いていかないでと考えてしまう。

嫌いになれたらどんなにいいだろう、そっかそっかって受け入れられたらどんなにいいだろう、悪い夢なんじゃないかって、壮大なドッキリなんじゃないかって今でも思ってるよ思ってないと壊れそうで。だって本当は分かってる。あんな風に真っ直ぐ前を見据えて堂々と話す田口くんの姿を見たら、本気なんだとわかってしまう。だからこそ苦しい。だって美しい姿だったから。決意した田口くんのその姿は本当に綺麗だったから。私の大好きな田口くんはやっぱりどうしようもなくかっこいいんだ。

田口淳之介という存在が私がKAT-TUNを好きだという証だった。田口淳之介がいるという事実が、私の未来の道標だった。

少し前を進む彼に置いていかれないようにと必死で着いていくことが楽しかった。田口くんの背中を追いかけて走っていることが喜びだった。田口くんの姿が存在が私にとっての幸せのかたまりだった。過去になんて出来ない。過去になんてしたくない。薄れていくならこのままで、この気持ちのままで冷凍保存してしまえたらいいのに。嫌なんだこの気持ちが薄れてしまうことが。怖いんだ。

どうしようもなく大好きなんだよ。だからどうしたらいいのかわからないんだ。コンサート会場で田口淳之介を見られない未来が怖いんだ。アイドルとして輝く田口淳之介を失う未来が怖いんだ。好きなんだ失いたくないんだ。バカみたいに駄々をこねたくなるんだ。

それでもどうしようもないこの気持ちをいつか整理して、田口くんの幸せだけを祈れる日がきますように。今はまだどうしようもないこの思いを、田口くんの幸せを願う思いに変えられるように。嫌いになんてなれないから。本当は怒りたい。ちくしょうってバカ野郎ってどうして置いていくのって大嫌いだってそう思えたらいいのに。悔しいくらいに大好きなんだ。どうしたってあなたには幸せでいてほしい。それだけなんだ。きっと最後のその日まで、田口くんは田口くんとして生きるのなら、私はそれを見届けたい。4人で歩くその姿を最後の日まで大事にしたい。私が目にするその姿を、その声を、その言葉を、KAT-TUN田口淳之介だと受け止めたい。

お日さまのようなあなたの存在を道標にして歩いてきたこれまでを今はまだ失うことが怖いけれど、田口くんがいる今を、田口くんの姿を今はただ無心に追いかけたい。

私はいつだってそこにKAT-TUNとして存在する彼らが大好きだから。そこにいる彼らが全てだから。KAT-TUNとして生きる彼らを追いかけたい。全力で追いかけなければ見失ってしまうような、そんな風に前を駆け抜ける彼らが大好きだから。

大好きだって伝えるから、伝えたいから、あなたに大好きって言わせてください、大好きだったじゃないの大好きなんだよって、これからもずっとずっと大好きなんだよって言わせてください。ありがとうって行ってらっしゃいって笑顔で送り出したいから、言いきったって思えるくらいに君に大好きだと伝えたい。

田口くん。私の田口くんへの大好きの気持ちと幸せになってほしい気持ち全部かっさらって持ち去って。跡形もなく持ち去って。そして誰より幸せになって。

ワガママな一人のオタクより