読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニーズWESTとはてなのセリフ

突然の思い付きにて書きはじめたうえすとに言ってほしいはてなのセリフ。※ちなみにはてなのセリフというのはわたしが考えた文章の最後がはてなで終わるセリフのことだよ!

 

今回はうえすとに言ってほしいはてなのセリフを使った小話もつけてます!


・淳太くん「なぁ駆け落ちって知ってる?」


じゅんたくんにはなんだか恋愛にまつわるはてなのセリフを言ってほしいなっていう妄想からこのセリフに決定!恋愛経験豊富そうなのに実際は遅れてきた思春期なんて言われちゃう男子校出身のじゅんじゅんはほんとにほんとにかわいいんだなぁ~~~(地団駄)女の子にボディタッチされるといけるんじゃね?と思ってしまう男子学生みたいな発想のじゅんじゅん!神戸のルミナリエに一人で買い物に出掛けたところ道行くカップルが多過ぎて悔しくて泣きそうになったでお馴染みのじゅんじゅん!カップルにムカついてカップルが二人で撮ろうとしてる自撮りにわざと写り混んでやったでお馴染みのじゅんじゅん!かわいい!前置きが長くなったけどじゅんじゅんかわいいってことみんなわかってくれよな!

 


【手を繋ぐと、私の左手の薬指にはまる指輪をいじるのが君の癖。このまま連れ去って欲しいなんて、言ってしまえばきっと、何もかも終わる関係なんだとしたら。なぁ、と声をかけてきた君をみれば「駆け落ちって知ってる?」とそう一呼吸。知ってる、とは言ったらいけない決まりごと。知らないふりしか出来ない私を、許して。愛して。】

 

 

・照史くん「そこにおってな?」

あきとくんにそこにおってなって言われたら永遠にそこにいられる気がする私。私さ、ここ一ヶ月であきとくんと結婚したいって最も口に出して言った人類の女ランキンクがあったら一位とれると思う!そのくらい結婚したいって言ってると思う!だから何って話なんだけどさ!あきとくんとの何かしらを妄想すると妄想するたびにあきとくんのことを×100000000倍好きになるんだ~~~~!どうしようこの妄想したらまた好きになっちゃう > <


【困らせることは好きじゃない。それでも彼の困った顔は好きだから。私の中の相反する心がせめぎあう。「そこにおってな?」と言い残し、彼が走り出したのは、ほんの少し前のこと。今日だけ許してくれますか。さっきもらった赤い風船が君の困った顔への挑戦状。ゆっくり歩き出したのは、私の心の悪魔が勝った証拠かな。】

 


・濱田くん「こっち向いてくれへん?」

そんな事濱田くんに言われたらときめきで心肺停止になると思うけど、もはや心肺停止になるところまでがご褒美みたいなところあるよね!(?)失恋したい枠の濱田くんに好きって言って、ごめんなぁって言われて失恋したいし、泣かんとってや、かわいい顔が台無しやでって言われて、そんな風に優しくされたら嫌いになれないぃぃぃってさらに泣きたい、そして濱田くんを困らせたい。だから私はさっきから何を言ってるんだ。


【「こっち向いてくれへん?」だなんて。いつもはそんなこと聞かないくせに。いつもと少し違うこと、気づけるくらい、一緒にいたんだと思ったら、少しだけ世界に優しくなれる気がした。振り向いたら、君の背中に未来が見えた。未来ごとすべて、私にすべて、くれますか。】

 

 

・重岡くん「もし俺が死んだらさ、悲しんでくれる?」

重岡くんに闇を背負わせたい芸人です!!こんばんは~~~~!!にこにこ天使ちゃんの重岡くんが、とてつもない闇を抱えているって設定を考えたら楽しくなってきちゃったんだけど、私の中にいるおしげのモンペが重岡くんがにこにこしてない世界なんて許せない > <って怒ってるからせめて妄想の中だけでもということでこのセリフに決定!でもやっぱりにこにこ笑いながら人を殺していくサイコパスか、二重人格の重岡くんみたいから、早くどうにかしてくれよな!テレビ局!もしくはそこの君!君だよ君!


【彼の「もし俺が死んだらさ、悲しんでくれる?」に対する私の返答は一択。というより私は、それに対する正解の答えしか知らないのかもしれない。彼が背負う闇も棘も過去という楔も、すべてが彼の身を引き裂く一端になるというのなら、私がすべてを引き受けましょう。今宵私は、初めてあなたに不正解を投げつけるのです。悲しむ前に、私があなたを仰せのままに。】

 


・神山くん「俺は嘘しかつかへんで?」

神ちゃんの笑い方が好きって最近気づいたんだけど、ちょっと笑いながらこのセリフ言ってほしすぎてつらい。神ちゃんほんとに世間に見つかってほしいな私。絶対世間に愛される人だと思うんだよね私。めちゃくちゃかわいいもん。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。コンサート中は女の子みたいにかわいいのに、ドキュメンタリーの映像で黒いマスクでタンクトップでリハしてるところ見たとき、男でしかなくて、いや男の子だってことはそりゃあわかってるんだけど、男の子じゃなくて男なのよ。沼を感じる神ちゃん。私は黒髪が好きだよ神ちゃん。


【嘘つきだと思っていた彼は、愛を孤立させていただけなのかもしれない。自身から愛を孤立させているから、彼はあんなにも愛を他人事のように眺めているのかもしれない。「俺は嘘しかつかへんで?」ほらまた彼は、愛を突き放して、嘲笑する。】



・流星くん「愛情って、誰が作ったんやろ?」 

流星くんって、美を颯爽と追い越していってるよねって信じてやまないWhat?推進協会新入社員の私です。みんなほんとにPARTY MANIACSの流星くんって異次元の美だから見て、What?みないと後悔するから見て(What?ステマおばさん)流星くんってお顔が綺麗すぎるとんでもないイケメンなのに、口に乳酸飲料含んだまま喋って口から溢したり、お風呂でキャンドル焚いて髪の毛燃やしたり、おやすミックスと名付けたプレイリスト流しながら寝たりとか、あんまりにもかわいい天然ちゃんおばかさんだから困る。神さまに愛され過ぎてる。DNAから勝ち組。


【「愛情って、誰が作ったんやろ?」と、また彼は、答えなんてあってないような質問を投げ掛けてくる。私は彼の質問が嫌いだ。愛情って作るんじゃなくて、生まれるものじゃないと答えてみる。納得してないような顔をするなら、私になんて聞かなきゃいいのに。なぁ、俺お前のこと愛してんで。だなんて。あ、ほんまや今俺が愛を生み出したわ、俺が愛を作ったんやな。だなんて。彼には一生敵わない。】



・小瀧くん「なぁ、神さまって信じる?」

小瀧くんのこと考える度につかみどころがなさすぎて不思議な人だなぁって思うんだけど、そのつかみどころがない感じが新たな感覚でとっても楽しいなって思ってます。人間っぽさがあらゆる面から合間見えるのに、なんでこうも手が届かないアイドルとしての側面をひしひしと感じるのか、全然その後ろ姿に手が届かなくて手が空を切る感覚が愛しいって思えるのは小瀧くんだけな気がしてます。かわいくてもちもちで頭のいい最年少に手のひらの上でコロコロ転がされたいです。好きです。小瀧くん。


【「なぁ、神さまって信じる?」 俺は信じてるよ。だってまぁ、大体のことはそれなりにうまいこといくし、それなりになんでもこなせるし、月が今日も綺麗だし、水溜まりに反射する光が今日も優しく眩しいし、肌寒い夜はそれを言い訳にして君と手を繋げるし、おはようって言えば、ちゃんと君が返事をくれるし、なんなら俺が神さまだしさ。なーんてな。】

以上です!楽しかった!