読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる男の子 小瀧望くん

気になる男の子小瀧望くんのお話をします。

 

初めて会ったのが今年の4月のコンサート。それまで正直なところ、小瀧くんと言われてもどの子かわからない、そのくらいの状態だったのに、今やクリスマスのコンサートを待ちわびているわけで、何があるかわかんないなぁと自分自身に起きた出来事なのにどこか他人事のように思っていたりします。

 

初めて見たときの印象として、なんて目にきらきらを宿す人なんだろうと思ったことが強く残っています。あと甘くてもちもちしてるパンケーキみたいな人だなということ。ぐんっと強くて優しくて甘い、不思議な人だなと思ったような気がします。

 

コンサートで小瀧くんを知って、なんでかわからないけど彼が気になる、そう思ってからのわたしは今まで経験したことのないような感覚に襲われて、ラジオを検索しては、頭の回転の早さが合間見えるボケやらツッコミやらに心を奪われ、スンとすましていてもおかしくないようなビジュアルでありながら誰より面白さに貪欲であるところをかわいいなと思って、英語パートを歌うその歌声にこの人におちるならここだとそんな衝撃を受けたりして。

 

気づけば曲の中で小瀧くんの歌うパートを聞き分けられるようになって、歌番組でやっぱり小瀧くんが歌っていたんだと答え合わせができるようになって、お酒が飲めない年齢でありながらスーツを着たサラリーマンの役を射止める姿に、そういう巡り合わせを勝ち取る強さを感じてかっこいいなと思ったり。

 

ファンクラブが出来ると知ったとき、入ろう!と間髪入れずに思った自分に、小瀧くんのことを好きになって良かったなって思えた自分に、ここにきて新しい青春を見たくなる存在に出会えたことに、めちゃくちゃ幸せを感じています。小瀧望という存在に対して、担当したいという思いを当てはめるつもりは今はまだなくて、ほんとに気になる男の子という感じです。その点でも不思議な人だなと思います。お母さんに「ねぇねぇ!わたし気になる男の子が出来たよ!」と報告したくなる感じの男の子。自分でもよくわからないけれどそんな男の子です。

 

ステージの上で輝くアイドル小瀧望を、好きだと自覚してから見られるのはクリスマスの日です。この日を境にきっとまたわたしの中で好きの形が変わる気がするのでいまの好きの気持ちを書き残しておきたいと思います。

 

・お顔

とりあえずかわいい(語彙の放棄) 小瀧くんのむくむくもちもちしたほっぺたが好きでとっても好きなんですけど、ダイエットをしているらしくてお顔がシュってなるのかなぁ~とちょっぴり寂しい。シュっとしても間違いなくかわいいに決まっているけど、ただのかっこいい男の子になられるとわたしの心臓が困るという私情です。下を向いたときのほっぺたがとっても好き。あとナチュラルアイラインが入っているように見える目元はほんと天からの贈り物のように思えて、エンジェルアイラインって勝手に呼んでます。二重幅も綺麗だなぁ。あとは眉毛の上のほくろ。エロい。とても好きです。モデルのお仕事をしているときに見せるお顔が別人に見えるときがあって、そういうところも好きだなぁと思います。

 

・スタイル

とにもかくにも足が長すぎて毎度びっくりしています。あんなかわいいお顔に抜群のスタイルだなんてどこの少女マンガから飛びだしてきたのかと思う。少女マンガを地で行く小瀧望めちゃくちゃかっこいいです。モデルという仕事を自分の糧にしていく姿に素敵だなぁと思いながら、めちゃくちゃ尊敬しています。冬服だいすき人間なので、ニットとかコートを着ている小瀧くんに好き×好きの組み合わせでダブルでときめいています。ダッフルコートめちゃくちゃ似合うよね、とってもかわいい。ちょっぴり猫背な立ち方になるときが個人的に好きです。

 

・歌声

小瀧くんの英語の発音に圧迫されて死にたいと思うくらいに歌声が好きです。好きの衝撃がいちばん大きかったのがPARTY MANIACSの「これがinvitation~」のところで、毎回そこを聞くたびに溶けそうになります。歌声が万華鏡のようだなぁと思っていて聞くたびに色だったり雰囲気を変えるので、声に溶かされそうだなぁと思いながら毎回聞いてときめいています。英語を歌われるとときめきで心臓が止まりそうになるので、どんどんやってわたしを心配停止に追いやってください。京セラドームで何を歌うのかなぁとめちゃくちゃ楽しみです。

 

・のんこた

小瀧くんを好きだという気持ちを素直に受け入れられたのはノンコタニシエピソードを聞いたのがきっかけです。わたしのめちゃくちゃ勝手な持論として、赤西くんに憧れている人は間違いないという説があるので、ノンコタニシエピソードを聞いたときとっても嬉しかったことを思い出します。小瀧くんが赤西くんに憧れて似たような帽子を買いにいった話をしているラジオを先日見つけてからもう、小瀧くんがかわいくてかわいくて仕方ないです。PINKYを歌う小瀧くんが見たいな。(言霊)(私欲の都合により)

 

・頭の回転のはやさ

若干二十歳にして、自分が今何をすべきか、何を言うべきか、何を求められているのかの察知能力の高さに嫉妬すら抱きます。学歴とか勉強面での頭のよさについてはわたしはまだまだわからないけれど、人としての頭の良さをひしひしと感じるので、痺れるなぁと思いながら小瀧くんのことを見ています。ん~~かわいい♡♡って思わせてくれる言動が実は小瀧望によってうまく操られたものかもしれないと思いながら生きるのが最近の楽しみです♡地頭のよさにキュンとできるのめちゃくちゃ幸せだなぁ。

 

・愛されること

愛されることが似合う人だなぁと思うし、それをうまく返せる人だなぁと感じます。そしてわたしもそんな小瀧くんを愛したいなぁと思うし、そう思わせてくれる人だなぁと思います。愛されることを当たり前にしない人、愛したいと思わせてくれる人。愛を纏うけれど愛に驕らないし、愛をいい意味で操れる人。たくさんの人に愛される未来を約束してくれるとっても素敵な人だなぁと思います。

 

・夢を叶える人

「 If you can dream it , you can do it. それを夢見ることができるなら、あなたはそれを実現できる」間違いない人だと思っています。夢に振り回されることなく、夢を生きていける人。夢を叶える人。口に出したことを着実に自分のものにして自分の糧にして、次に進む姿がめちゃくちゃかっこいいです。次に小瀧くんが見る夢はなんだろうと考えることができるわたしは幸せ者です。夢を信じさせてくれてありがとうっていつも思っています。

 

・こたきのぞむ

こたきのぞむですっ!って言うときのこたきのぞむというひらがなの音がかわいすぎて、最近ひらがなに感謝し始めています。ひらがなでこたきのぞむって書いてもかわいいし小瀧望って漢字で書いたらかっこいいしで、名前からして天才!優勝!百点満点はなまる!って気持ちです。

 

・ズルい 

とにかくこの言葉に尽きるんですけど、小瀧望ってズルいですよね??何がズルいとかじゃなくて全部ズルい。何もかもズルい。悔しい。ズルい人。そのズルさに騙されて転がされてるのが楽しくて、ズルいって分かってるくせに飛び込んだわたしはもう小瀧望魔法にかけられてるんだろうなぁって思います。

 

希望を見せてくれる人であることは間違いないけれど、例えばこの先もし絶望に落ちていったとしても、小瀧くんとなら笑ってどうにか出来そうだって思えたことに、絶望の世界を笑って乗り越えられそうだなって思ったことが、なんの答えかはわからないけど、それが全部ひっくるめて出てきたいまの小瀧くんに対するわたしの答えのように思っています。

 

京セラドームのステージに立つ小瀧くんに会えることを楽しみにしています。

 

今日の気持ちの備忘録。2016年12月20日。