読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友達の日ということで

KAT-TUN 友達部
こんにちは、ももです。

なんと今日7月20日は友達の日ということで、ならば大好きな友達部の記事を書かなくてはという使命感にかられこの記事を書いております。

いやでもまてよ、と。お前どんだけ友達部の記事書いてんだよ、と。ブログの大半が友達部の記事じゃねぇかよ、という皆様の視線は重々感じておりますが、今日も元気に友達部の記事を書いていきたいと思います。

今回私が書くのは友達部に二人で(もしくは何かしらで二人が関わる形で)やってほしい役についてです。友達部にやってほしいなという役についてムフムフ妄想しながら書いていきます。あくまで私による私のための自己満足妄想です。広い心で目を通していただけると嬉しいです。

(友達部とはKAT-TUN亀梨和也くんと田口淳之介くんのユニット名です)(かわいい)


f:id:ammKKK:20150720170820j:image


幼馴染み

せっかく友達の日ということで幼馴染みの設定から。こんな美形二人が幼馴染みの世界なんて存在するわけないじゃねぇかと思いつつも、亀梨くんと田口くんが同い年として現実に存在している以上、ないとも言い切れないところがグッとくるところです。あぁ…何て夢に溢れた世界なんだろう…涙

性格も好きなものも違うのに、何だかうまがあって、気づいたら幼稚園から一緒にいて…みたいな幼馴染み。「あれ、お前どこ行くの高校?」「あーあそこ、◯◯高校、近いからさ」「あ、マジか俺もだわ」「何かずっと一緒だね俺ら」みたいな!!そういうやつ!!

そんな付かず離れずの関係性の亀梨くんと田口くんは、なんやかんや二人でいるのが居心地が良くて毎朝一緒に高校に登校するわけで、それを周りの女の子が放っておくはずもなくて、きゃーきゃー言われるわけで、でも二人は自分のイケメン度合いに気づいてなくて、(⌒-⌒)ねぇカズヤがかっこいいからあんなに女の子きゃーきゃーしてるよ?(*´∀')んなわけねぇだろじゅんのすけにきゃーきゃーしてんじゃん?なんつってお互いのことをかっこいいと思いあってたりなんかして…泣

あー私もそんな幼馴染みイケメン爽やか二人組にきゃーきゃー言いたい!!!!!!!!毎朝彼らが通る通学路の曲がり角で食パン加えて待機してたい!!!!!!!!遠くから見つめて勝手に失恋するだけの人生を送りたかったです!!!!!!!!


王子と執事

これ本当にやってほしいです(泣)だって絶対かっこいいから!!!!だって絶対かっこいいから!!!!(大事なので2回言いました)亀梨くんが王子で田口くんが執事でも可ですし逆も可です。どっちもいいです。むしろどっちも見たいです。

亀梨くんが王子で田口くんが執事なら、まずもって二人の衣装が似合いすぎているのでそこで死にます。そして田口くんが亀梨くんを王子と呼ぶわけなのでそこでまた死にます。そしてまた亀梨くんが田口くんのことをきっと呼び捨てで呼ぶことが予想されるのでやっぱり死にます。(エンドレス萌え死)

亀梨くんはきっと王子でいる生活に嫌気が差して何もかもを投げうって新たな世界に身を投じようとしたりするでしょう、多分。でもきっと田口執事はついてきてくれます。「わたくしは一生王子についていきます」なんつってね!!!!はいかっこいい!!!!田口執事!!!!結婚してほしい!!!!亀梨王子は素直じゃないので「好きにすれば」とか言います、でも嬉しい気持ちは隠せずにちょっぴり口角あげて笑っちゃいます、はい不器用でかわいい結婚してほしい!!!!!!!!私は友達部には役の中においても近すぎない距離感を保ってほしくなるみたいです。付かず離れずの関係性の友達部かわいいのでまとめて結婚したいです!!!!!!!!

田口くんが王子で亀梨くんが執事なら、とりあえず衣装が似合いすぎているので死にます。(以下何回か死にますが、略)

ちょっぴり小バカにしてほしいですお互い。「ウチのバカ王子がね~」って言いながらも放っておけなくてかわいい奴だって思ってることが伝わる亀梨執事と、「ちょっとそんなに細かくやらなくていいってばおせっかいだなぁ~もう亀梨は」って言いながら大声で笑う田口王子。かわいい。田口王子のあれやりたいこれやりたいに振り回されて、最初はこんな王子の執事なんて嫌だと思っていたはずが、何か楽しいと思い始めてる…?俺が…?みたいな気持ちに亀梨執事が気づいて…みたいな感じだといいです。好きです。


先生と生徒

これはあれです。田口くんが先生で亀梨くんが生徒です。年齢的にちょっぴり無理がありますがいいんです。だって妄想ですから♡

教育実習生として亀梨くんがいる高校にやってくる田口くん。妄想内でもスーツが似合います。眩しい。好き。

田口先生はそのルックスもさることながら、愛らしい性格と憎めない笑顔で男女問わず人気者の先生になります。だってかわいいもんね、私も田口先生に勉強教えてもらうために毎日職員室押し掛けて嫌な顔されたいもんわかるわかる(性癖)

でも生徒亀梨はそれがちょっぴり気にくわないんです。わかるわかる、反抗期なんだよね。かわいい。本当は田口先生を取り囲む友達のように声をかけたいけれど、青春ならではのプライドが邪魔をしちゃうみたいなね。はいかわいい。そんなときに田口先生と教室で二人きりになるわけです。ありがちとか言わないで分かってる。ただ教室にイケメン二人の図が見たいの許して。

田口先生はいつも素っ気ない態度をとる生徒亀梨が気になって声をかけます。「なぁ亀梨?」と。でも無視しちゃうんだよね~~きゃ~~ぶきっちょかわいい!!そこから何だか気まずくてお互い無言です。無言友達部空間。眺めてたい。画がきれい。テレビ越しに写メとりまくるよね。キャプる。で、何か最後に頑張ってお互いに言葉を探して「ん、まぁ気を付けて帰れよ亀梨」「うっす」みたいな。そんな別に私以外何も面白くない友達部のそわそわ空間を見つめていたいだけです。これから生徒亀梨が心を開いて、田口先生みたいな先生を目指すのはまた別の機会に。(何かこの話の流れ既視感ありまくりだね)


殺し屋

やっぱり見たい殺し屋の役。二人でタッグを組むのもありですが、殺し屋の田口くんに自分の最愛の人を殺されてしまった亀梨くんが、不意に殺しをしたのが田口くんであることを知り、田口くんに復讐を誓う設定だと私がとっても楽しいです。

田口くんを必死に探しあて田口くんに拳銃を向ける亀梨くん。「やっと見つけた…お前のせいでアイツは…アイツは!!!!!!!!」と感情的な亀梨くんに対して「んーと、ごめんね?俺にとっては、殺しの依頼を受けた瞬間から殺しの標的となるその人間はお金儲けの道具になるの。いちいちそんな道具のことなんて覚えてないから、さ?そんな熱くなられても困るって言うか…」みたいな無感情の田口くん。必死な亀梨くんに対して冷酷で非情で狂っている田口くん…SUKI…


殺してしまう君と殺されたい君

これは今私が二人にやってほしくてたまらない役柄です。

「他の誰でもなくあなたに殺してほしいの」と最愛の人から泣きながらすがられ、自らの手で愛する人を殺めてしまう田口くんと「せめてあなたに俺の命の灯火を消してほしい」と泣いて壊れそうになりながら懇願し、すがる亀梨くん。

にこにこしている友達部もとっても好きなんですが、少しだけ闇を背負わせたくなるのが私の癖のようで、自分のしてしまったことの罪の意識で壊れていく田口くんと、罪の意識を抱えながらもそれでも殺されたいと願う亀梨くん。儚く消えそうに壊れ堕ちていく様を見ながら、「もうやめて…」とテレビ画面を見ながら胸を詰まらせたいです。同時に何とも言えない萌えにみまわれて心臓握りつぶされたい。友達部に。


美容師

二人の美容師姿をみたいという私の欲望が溢れて溺れそうです。だって絶対かっこいい。鏡越しに眼が合うなんてそんなのムリ。かっこよすぎてムリ。恋に落ちる。

眼が合うと緊張するから下向いて雑誌めっちゃ見るんだけど緊張のあまり何回も同じページ読むから、「あれ、そのページ何回も読んでますね?好きなんですか?(にこにこ)」って気づかれてエッてなって顔をあげたら田口くん!!!!みたいな!!!!鏡越しに眼が合うんですけどみたいな!!!!まぁ眼が合う以前に、髪の毛触れられてるし耳の後ろの方から声をかけられるし、私のつむじが田口くんに見られてるんですけど!!!!!!!!みたいな感じでどうにもこうにもなりませんけど!!!!!!!!はーっっっ田口くんかっこいい。田口くんにつむじ見られて照れたい人生だった。

そんな田口くんがいる美容室の真向かいには亀梨くんがいる美容室。

私ったらなんと、美容室二股///二人のイケメンにつむじ見られちゃって///なんて冗談はさておいて。

亀梨くんとも鏡越しに眼が合うんですけども、何か目力がすごすぎて目が離せなくて、目があっちゃいましたねふふふみたいな微笑みも出来ずに、ほんとに引き込まれて見てたら、「そんなに俺に見惚れないで」ってこっそり耳元で言われて死にたい。いい人生だった。

そんな亀梨くんと田口くんは同じ美容師の専門学校の同期でライバルとかだと楽しいです。私、友達部のライバル関係が見たい。ってか気づけば私が美味しい思いをしたいっていう妄想になってしまっていた、失敬。


コックと常連客

料理を振る舞う亀梨くんとそれをおいしくもぐもぐする田口くん!!!!それ以上にかわいい図がこの世に存在するだろうか、いや存在しない!!!!と声を大にして言いたいくらいにきっと確実にこの設定の役柄はかわいい。友達部愛してる。

カランカランとドアを開けて入ってくるのはもうこのお店の常連さんになった田口くん。いつものお決まりの席に座って、店内を漂う美味しい匂いを吸い込んでにこにこ(かわいい)。そこで亀梨コックを見つけて一言。「いつものお願いします」ふぬぬぬぬぬかわいい(泣)私、田口くんに料理屋さんでいつものお願いしますって言ってほしいんです。あ~~絶対かわいいなぁ~~(大の字)その言葉に片方口角をあげて微笑んで、了解の意を示す亀梨コック。あ~~絶対絶対かっこいいなぁ~~(ゴロンゴロン)

もぐもぐして美味しいって田口くんがにこにこして、それを見て亀梨コックも微笑んでる光景…そんなのスヘシャルハピネス以外のなんでもないです。二人がにこにこしてる画が見たい。友達部を養いたい(口癖)。


友達の日にちなんで勢いのままに書いてはみたもののなにがしたいのかわかんないブログが出来上がりました。

それでは素敵なタグを遡りに行きます

#7月20日は友達の日らしいから今日は友達部記念日